ハチ駆除ナビ

  • TOP
  • ハチ駆除ナビ-退治後の経過~戻り蜂の危険性~

退治後の経過~戻り蜂の危険性~

【退治後に注意】

退治をすればもう安心!もう二度とよりつかない、と考えられるかたも多くいらっしゃいますが、退治後の危険性や再びやつらが巣を作ってしまう可能性があります。せっかくお金を出して退治してもらったのに気がつけばまた沢山出没!?そんな事にならないよう以下のことに注意をし、せっかくの退治を無駄にしないようにしましょう!

【まずは「戻り蜂」について…】

種類にもよりますが、退治後に数匹から数十匹のやつらがもともとあった退治した巣の跡地に帰ってくる傾向があります。遠くまで出稼ぎしていたやつあが久しぶりに帰ってきたら巣がないという状態ですね。これを「戻り蜂」と言い、おおよその期間は巣を退治してから7日間から10日間の間隔を見ていれば大丈夫でしょう。この「戻ってきたやつ」に対して再び退治をお願いする必要はあまりありません。ほとんどが巣を退治されてしまったら生きていくことが出来なくなるからです。ただ、安全を考えると退治をおこなってから7日間から10日間は現場には近付かないことをお勧め致します。

【よりつかない環境を】

また、巣を退治してもまた来年巣を作られた!という話をよくお聞きします。巣をつくる基準としては雨・風を凌げる安全な場所であれば直ぐに巣を作ります。巣を退治した場所というのは、やつらからみると巣を作る為の一等地ともいえます。それが、人間たちの手によって退治され空きスペースになっているとは絶好のチャンスですね。こういった事が起こりうる可能性もありますので、巣を退治した箇所は注意して蜂が寄り付かないかを警戒しつつ、巣を作りはじめる4月~5月の期間には市販の退治スプレーを散布しておき、よりつかない環境を意識的に作る事が大事です。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ