ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-蜂 生態

蜂 生態

ミツバチの天敵として、アジアだけに生息するオオスズメバチがいる。蜂の生態が崩れている理由としては巣の中に侵入したスズメバチを大勢のミツバチが取り囲み塊をつくるからである。その塊は蜂球と呼ばれ、その中で約20分間の間に48℃前後の熱を発生させる。その中に取り囲まれたスズメバチは上限致死温度が44~46℃であるため、耐えられずに死んでしまう。しかしミツバチは上限致死温度が48~50℃であるため死ぬことはない。蜂の生態で問題となるセイヨウミツバチは上限致死温度がトウヨウミツバチよりも低く、蜂球を作ることができない。しかし、やはり大群でモンスズメバチの腹の周りを圧迫し、呼吸を不可能にして約1時間かけて窒息死させるという対抗手段を持っている。これを窒息スクラムと呼ぶ。一方、近年になって都市部で野生のニホンミツバチの観測が増える、増加による蜂の生態の異常も起きている。住宅街はもちろん、自動車の排気ガスや鉄道の騒音に晒されるような、都心の問題が蜂の生態に関わってくることもある。都心部では天敵のスズメバチが人間によって駆除される為、山間部より比較的安全であるからと推測されている。蜂の生態を考え、直接ミツバチを襲うのでなく、必要に応じた駆除を試みよう。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ