ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-ミツバチの巣

ミツバチの巣

ミツバチの巣の構造は、自然の状態では巣板と呼ばれる鉛直方向に伸びる平面状の構造です。巣板の数はミツバチの種類によって異なります。コミツバチなどは巣板を1枚しか作らないので養蜂には向きませんが、養蜂に用いるニホンミツバチやセイヨウミツバチは、自然の状態でも10枚以上の巣板を形成することもあります。ミツバチは巣板を防御する構造物を作らずに家屋の隙間や床下など、もともと存在する外壁を利用するので、その利用した空間の形状によっては巣板が傾いていることもあります。ミツバチの巣は六角柱が平面状に数千個接続してできているハニカム構造の巣です。ハニカム構造はとても丈夫な形として知られ、人工衛星の壁や飛行機の翼にも応用されているそうです。ミツバチの巣の六角柱は厚さ約0.1mmの壁でできていて、奥行きは10~15mm程あります。幼虫を育てるために使用する穴の奥行きは10~15mmで、蜜を貯蔵するために使用する穴の奥行きにはばらつきがあり、大きいものでは20mm程になる場合もあります。ミツバチの巣の材料は、ミツバチの腹部にある蝋腺から分泌された蜜蝋で、このミツバチの巣は、強度に優れ、材料が最少で済むという特徴があります。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ