ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-アシナガバチは駆除をしたほうが良い?しなくて良い?

アシナガバチは駆除をしたほうが良い?しなくて良い?

アシナガバチは駆除されない場合もあります

ハチというと一般的には害虫扱いされていますが、アシナガバチの場合ですと益虫として扱われることがあります。イモ虫などの動きが遅い虫を幼虫の食事にしていますので、これを駆除してくれる良いハチということで、ガーデニングを趣味とされる方からは駆除をしない方が良いのではという方もいらっしゃるのです。
スズメバチ科ではありますが、オオスズメバチやキイロスズメバチのように凶暴でないという点もアシナガバチの駆除をしなくても良いのでは、という理由になっています。
しかし、やはりハチですので駆除をした方が良いという意見もあるのです。アシナガバチの巣を駆除するかどうかを悩んでいるのでしたら、ぜひご参考にしてください。

アシナガバチの駆除をしなかった場合

もしもアシナガバチの巣を駆除しなかったり、アシナガバチの駆除を放置した場合にはどのような害があるのでしょうか。やはり刺されるという危険性があります。
スズメバチのように凶暴性を発揮して襲ってくるということはありませんが、やはり巣に近づくとハチの習性として攻撃をしてきます。
ハチに刺されたことによって亡くなった方は毎年20名ほど出ていますが、その原因にアシナガバチがいることもあるのです。もちろんスズメバチが圧倒的に多いですが、刺された場合には死亡のリスクがあることをよく覚えておきましょう。
またアシナガバチの巣は規模こそ小さいですが、開けた場所であればどこでも作る上に、人の目線よりも低い場所に作られることが多いので誤って近づいてしまうこともあるのです。
特にお子様の場合は興味本位で近づいて刺されることもありますし、庭仕事の最中などに巣に近づいてしまったために刺されるという危険性があります。
他のハチを呼び寄せる可能性があることも覚えておいた方が良いです。アシナガバチの巣を襲うヒメスズメバチというスズメバチがいますし、幼虫や卵、さなぎを目当てとする他のスズメバチを呼び寄せる可能性もあるので、何もしないとこのような害虫を呼び寄せるかもしれません。
こうしたリスクがあるために、アシナガバチの駆除やアシナガバチの巣を駆除しないよりはやった方が安全性を確保することができるのです。

アシナガバチの駆除をするには

アシナガバチの巣を駆除する際に気をつけないといけないのは、このハチの習性です。
アシナガバチの巣を駆除しても、巣の近くにアシナガバチが集まっていることがあります。アシナガバチは巣が駆除されても、戻りバチなどの生き残りが同じ場所に何度でも巣を再建する場合があるのです。
そのためにアシナガバチの巣を駆除する際には、同時にアシナガバチの駆除も徹底する必要性があります。もし作り直せなかった場合には、巣の近くにアシナガバチが集まっていることがありますので、徹底したアシナガバチの駆除をする際にはここを攻撃すると良いでしょう。 こうした作業が難しいということでしたら、アシナガバチの駆除やアシナガバチの巣の駆除をやってくれる業者に依頼しましょう。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ