ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-刺されるとどうなる?

刺されるとどうなる?

日本国内でのハチの被害件数はどのように移り変わってきたのでしょうか。
1980年代には年間で平均40人の方がハチの被害で死亡にまで至っていました。ですが近年になり、駆除・退治の仕方が確立されるにつれてその数は減少しつつあり、今では1980年代の約半分以下になってきています。とは言え、科学技術が発達した現代においても、いまだハチ被害で死亡されている方がいるという事実。刺された場合の危険性などを知らないままに、不用意に近づいてしまった結果死亡してしまうケースも少なくないので、私はこのサイトが出来ることなら世に広まり、多くの方にハチ被害の危険性を知ってほしいと願っています。年代別に見てみると、やはり高齢者層でのハチ被害が顕著に多いことが分かります。
また、死亡事件だけではなく、単純に刺されるだけのハチ被害の場合を考えると、その件数は多大な数にのぼります。強い攻撃性と毒性をもったスズメバチだと、刺されるだけでその箇所がパンパンに膨れ上がります。イメージが湧きづらい方はインターネットで「ハチ 被害」と検索してみるとすぐに出てくると思います。膨れ上がった箇所はひどいケースだと2週間以上も膨れっぱなしで、後遺症が残る可能性もあります。また聞いたことのある話かもしれませんが、スズメバチに一度刺されると体内に抗体が生成され、二度目にさされるとその抗体が過剰に反応することにより(「アナフィラキーショック」といいます)一度目よりも重いハチ被害になる場合がほとんどです。
事故の大多数は、スズメバチの駆除を自分でやろうとした結果です。危険性をしっかり理解し、リスク回避のためにも、作業は専門の業者にお願いするのが最も良いでしょう。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ