ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-スズメバチに刺された時の対処法

スズメバチに刺された時の対処法

まずは応急手当を

スズメバチに刺されたということでしたら、すぐにその場から離れましょう。スズメバチを振り払うのではなく、刺激しないように姿勢を低くしながら逃げます。その場に留まっていると多数のスズメバチに刺されてしまいますので要注意です。
逃げた後は応急手当をしましょう。その手順についてご説明いたします。

1.傷口を洗い流す
傷口の周囲をつまみ、水で血と一緒に毒成分を絞り出しましょう。毒性による体調悪化を防ぎます。
専門的な道具としてポイズンリムーバーという道具がありますので、山に行く時やスズメバチの巣が近くにある時はこれを購入しておくと良いでしょう。この道具は他の虫刺されでも活用できますので、スズメバチ以外の案件のためにも手に入れておくことがオススメです。

2.虫刺されの薬を塗って冷やす
虫刺され用の薬を塗り、スズメバチに刺された部分を冷やしてあげます。特別な薬ではなく、虫刺され用の塗り薬で問題ありません。
ステロイド系軟膏が最適です。この薬の中に含まれている抗ヒスタミン成分がかゆみ止めとして役立ちますし、ステロイド成分が炎症やアレルギー症状やアレルギー反応を抑えてくれます。
この後に保冷剤などを患部に当て、傷を冷やしてあげましょう。

3.医療機関へ
ここまで応急手当をしましたら、医療機関へ行きましょう。皮膚科が適切ですので、この診療をやってくれる病院へ急ぎます。

やってはいけない対応について

スズメバチに刺された時にはやっていけないこともあります。そのことについてもご紹介いたします。

1.血を口で吸い出さない
リムーバーがないということで、代わりに口で毒を吸い出そうとする方がいらっしゃいます。毒がそれで体に吸収されるということはありませんが、口の中などに傷があるとそこから毒が入り込む可能性があるからです。

2.民間療法は試さない
スズメバチなどに刺された時には尿をかける、アロエの汁を塗るなどの民間療法には特に効果が実証されていません。むしろ尿の場合は傷口を不潔にしてしまいますのでやらないようにしましょう。
尿が役立つと思われているのはアンモニアが毒に効果があるからというものですが、実際には効果がありませんのでやってはいけません。

3.やせ我慢をしない
体調がすぐに悪くならなくても、すぐに病院へ移動しましょう。段々と症状が出てくる場合もあります。気がついたら命の危機に達していたということもありますので要注意です。

命の危険もありますので要注意です

スズメバチに刺されてしまうとアナフィラキシーショックの危険性があります。毒性が強いハチですので、それだけ人の体に与える影響も大きいのです。
アナフィラキシーショックになると全身にじんましんが発生したり、呼吸困難や意識障害が出て最悪の場合は命の危機に陥ることがあります。
ハチに刺されたことによって亡くなる方は、平均すると1年で20名ほど出ているのです。こうした被害を起こさないためにも、スズメバチに刺された場合には今回ご紹介した手当を行い、すぐに救急車などで病院に向かうことが大切です。
たかがハチに刺された程度だと思わずに、命の危機であると理解しておきましょう。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ