ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-見えにくいところに巣を作るハチが居ます

見えにくいところに巣を作るハチが居ます

ハチの巣は見にくい場所にあります

刺されると人にとって危険性の高い害虫がハチです。このハチは巣を守るために人に攻撃性を高めてくるのですが、その場合人間側はほとんどハチの巣の存在には気づいていません。
危険性の割に人が気づくことができませんので、より危険になってしまいます。そのために今回はどういったところにハチが巣作りをするのかを見ていきましょう。

どういったところに巣を作るのか

・アシナガバチ
アシナガバチの巣は人の生活圏に作られますが、なかなか見つけにくいところに作ることが多いです。
街路樹、植え込み、庭やベランダに作ることもあります。また屋根部分に近い外壁に直接巣を作ることもあるのです。
高い場所に作られると分かりにくいですが、アシナガバチの巣の場合は低い位置に作ることも多いですのでよく注意しましょう。知らぬ間に近づいてしまうのです。

・ミツバチ
人の生活圏で言いますと、床下や天井裏に作ります。ミツバチの巣には蜜があり、他の害虫を呼び寄せてしまうので厄介なものです。
またミツバチの巣のせいではちみつのシミが家にできてしまいますので、こちらも厄介と言って良いでしょう。
普段人が見ないところに巣を作りますので、家の近くでミツバチを見るようになったら要注意です。

・キイロスズメバチ
一般的にイメージされるスズメバチは、実はこのキイロスズメバチであることが多いです。キイロスズメバチの巣はボール状になっていて、かなりの規模であることが多くなっています。
こちらのキイロスズメバチの巣も床下や屋根裏といった閉鎖的な場所に作られますので、気がついたら大規模な巣になっているということが多いです。
人を刺すスズメバチはこの種類であることが多いですので、アナフィラキシーショックといった大きな被害を受けないようにしないといけません。

・オオスズメバチ
あまり人の生活圏に入ってこないのがオオスズメバチです。オオスズメバチの巣は山間部の土の中や木の根元に作ることが多くなっています。
自然の中にあり、また分かりにくいところにあるので登山の途中で気づかずに近寄ってしまうという事件が多いです。
オオスズメバチの巣は大きく、ハチの数も多いですので営巣場所と分かったら近づかないようにしましょう。

どうやって巣を見つけるのか

基本的にどのハチも目立つ場所に巣を作ることはありません。そのために見つけるのは至難の業です。
しかし、もしハチをよく見かけるようになっても巣を探すことは止めましょう。全て業者にまかせた方がオススメです。
皆さまが見つけようとすると、気づかずに巣に近づいてしまうという危険性もあり得ます。
まずハチの姿をよく見かけるようになったら、その近くは通らない方が良いでしょう。そしてすぐにハチ駆除の業者にご相談ください。見つけようと探し出すことだけは止めましょう。虫除けの予防策をしてもあまり意味がありませんので、まずは近づかないことが大切です。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ