ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-引越しをするハチがいます

引越しをするハチがいます

その巣はハチの引っ越し先かもしれません

蜂の巣には、大量の働き蜂や幼虫などが潜んでいます。そのため、ハチを根こそぎ駆除するためには蜂の巣の駆除をしなければいけません。
小さい蜂の巣であれば、十分に気をつければ素人の方でも比較的容易に駆除することはできます。しかし人によっては「蜂の巣を駆除したのに、すぐに新たな蜂の巣ができてしまった」という経験があるようです。ハチの中には巣を再建するハチもいるようですが、実際はハチの引っ越しが原因になっていることがあるようです。

ハチの引っ越しとは?

実は、スズメバチの中には引っ越しをするハチが存在するのです。例えば、私たちにとって身近なスズメバチであるキイロスズメバチがそれに当たりますし、それ以外にもモンスズメバチ、チャイロスズメバチも引っ越しをするようです。
これらのハチは、初めは閉鎖空間に蜂の巣を作ります。しかし、働き蜂の羽化が始まり、数が増えていきますと手狭になってしまいます。そうなりますと、より広い場所を求めてハチは引っ越しを始めるのです。ハチの数は夏から秋にかけて最大になりますので、その少し前の7月前後に行われることが多いようです。

蜂の巣を駆除しても、新たな蜂の巣ができてしまう原因はここにあります。
駆除したのが古い蜂の巣だった場合、そこから外に出ていたハチは新たな巣を作ってしまいます。駆除したのが新しい蜂の巣だった場合、再びその場に引越し先を作ってしまいます。約1ヶ月の間ハチは新しい巣と古い巣を行き来しますので、その両方を駆除しなければならないのです。

難しい蜂の巣駆除

しかし、既に引っ越しが始まっているハチの巣駆除は簡単にはできません。
まず、危険性が高いです。引っ越しを行っている時期には働き蜂の数も増加しているので、無理に駆除しようとすればハチの群れに襲われてしまう危険があります。
また、蜂の巣を見つけるのも意外と難しいです。初期の蜂の巣は閉鎖的な場所に作られるため、床下や屋根裏など、人目につかない場所に営巣されていることが多いです。そのため、「ハチが飛んでいるが、どこから来たのかわからない」ということも珍しくありません。
注意深くハチの出入りを観察するとともに、危害のない場所であれば、放置しておくのも1つの選択だということも覚えておくことをおすすめします。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ