ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-スズメバチの中にも凶暴性に差があります

スズメバチの中にも凶暴性に差があります

とても凶暴なスズメバチたち

日本にはいくつかの種類のハチが生息しています。それぞれの攻撃性は種によって様々ですが、オオスズメバチとキイロスズメバチは特に危険だと言われています。その中でもオオスズメバチは大きさ、毒性ともに最大であるため、もし刺されてしまえば、激しい傷み、大きな腫れを伴うと考えられています。また目に毒が入ってしまえば、最悪の場合、失明してしまう可能性も含んでいるそうです。
キイロスズメバチも種のなかで最も凶暴なもののひとつです。また警戒心が強いのも特徴です。そのため蜂の巣があることに気づかずに近づいてしまうと、巣からたくさんのキイロスズメバチが溢れ出てくるといった危険性があるそうです。
オオスズメバチとキイロスズメバチの刺傷被害の発生率は他のスズメバチに比べ、高くなっているそうなので、特に注意が必要と言われています。

本当にコガタ?コガタスズメバチ

コガタスズメバチは名前には「コガタ」とは入りますが、実際は体長22~27mmほどとそれほど「コガタ」ではありません。コガタスズメバチはオオスズメバチ、キイロスズメバチに比べれば、体も小さく凶暴ではないと言われています。しかし、蜂の巣に振動を与えたり、蜂を刺激してしまうと攻撃してくる可能性はあります。コガタスズメバチは住居の近くに巣を作る傾向があるため、被害は多いと言われています。巣の中の個体数も、他のスズメバチと比べれば少ないとされていますが注意が必要です。

スズメバチの駆除には危険がつきもの

スズメバチの駆除は多くの危険が伴います。例えば、殺虫剤などで駆除をしようと試みても、その際の刺激にスズメバチが反応してしまい、こちらに襲いかかってくることがあると言われています。また繁殖期のスズメバチは攻撃性が高くなっており、とても危険です。
そのため危険なスズメバチの駆除は自分で行わないほうがよいかもしれません。業者に依頼すれば、自分は危険なことをしなくて済みます。また駆除後の効果も持続させることができると言われています。そしてもちろん自分用の防護服、殺虫剤を買う必要はありません。
自分が危険な目に逢わず、安全を確保するためにも自分で行うことは避けたほうがよいかもしれません。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ