ハチ駆除のあれこれ

  • TOP
  • ハチ駆除あれこれ-蜂がいなくなった巣は放置していても大丈夫?

蜂がいなくなった巣は放置していても大丈夫?

蜂が中に残っているかもしれません

冬は蜂の活動も落ち着くため、巣の中に蜂がいないと思いがちです。本当に巣が空っぽということもありますが、実は蜂が隠れているということも少なくありません。
本当に巣が空っぽなのであれば放置していたとしても刺されたりすることはありませんが、じつは中に残っていた蜂が春に向けてまた繁殖するということもあり得ます。蜂の巣を見つけた時は蜂がいる可能性も考えて放置するのは避けましょう。

巣の対処法

空っぽの巣であれば巣を叩き落とせばよいですが、蜂が暮らしている場合は出てきて刺されてしまいます。まずは殺虫剤を使用して蜂を退治しましょう。
蜂の巣から少し離れた位置から殺虫剤を噴射します。巣へ直接吹きかけましょう。巣の中まで殺虫剤がしっかりと届くように少し長めに吹きかけるとよいでしょう。蜂が出てきた場合は続けて殺虫剤で蜂を退治し、出てくる様子がない場合は巣の対処をします。
巣は手で叩き落としましょう。落ちた巣は燃えるごみとして処分できます。巣を拾ってゴミ袋へ入れ、念のため袋の中へも殺虫剤を吹きかけます。袋を閉じたら燃えるごみとして処分しましょう。

対処するときの注意点

蜂が活発でない時期、蜂がいないかもしれない巣とはいえ刺される危険性はあります。巣を駆除する際はゴム手袋やゴーグルを着用し、服装は長袖長ズボン、頭を守るため帽子も着用しましょう。肌の露出がなければ刺される心配が少なくなります。

ほかには、駆除する時間帯にも気を付けます。なるべく蜂の活動時間を避けることで安全を確保しましょう。蜂は日中活発に活動するので、夜間や早朝に駆除をするのがよいです。蜂が見当たらない巣の場合でも、きちんと対策をしたうえで巣の駆除をするようにしましょう。

ハチ駆除業者おすすめナビ一押し

おすすめハチ110番

ハチ110番

サイト名 ハチ110番
URL http://hachi-seo.jp/
TEL 0120-932-621
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ハチ駆除のあれこれ

ページの先頭へ